失敗しない仏壇屋さんの探し方!信頼できる近くの仏壇屋を探すには?

 

近くの仏壇屋さん

 

引っ越しや将来のことを考えて、新しい仏壇の購入を考えておられる方にとって、いざ仏壇を選ぶ時には、分からない点も多いものです。

 

今回は、ご自宅や職場の近くの信頼できる仏壇屋を探す方法や、お得に購入できる方法をご紹介していきたいと思います。

 

あわせて、宗派による違いや仏壇購入、設置の際に確認すべき点についても整理してお伝えしていきます。

 

仏壇の価格を比較検討できるサイトがある

 

近くの仏壇屋さん

 

仏壇の種類や価格は差が激しく、どの価格帯が適正なのか分かりにくいものです。

 

また、どんな仏壇が部屋にあう雰囲気やサイズなのかなど、自分で実際に見たいですし、できるだけ多くの仏壇を比較して検討していきたいですよね。

 

実は、「いい仏壇」というサイトが仏壇の購入を考える方にとって、とても分かりやすくお得なサービスを提供しています。

 

同じ仏壇でも、お店によって価格が異なるため、一目で検索して比較検討することができるんです。

 

忙しい中で、良い仏壇を購入したいという方にとっては、うれしいサービスになりますね。

 

近くで訪問しやすい仏壇屋の場所も簡単に検索できる

 

近くの仏壇屋さん

 

「いい仏壇」のサイトでは、近くで訪問しやすい仏壇屋の場所をすぐに表示することができます。

 

位置検索サービスを有効にしていれば、近くの仏壇屋の一覧が自動的に表示されるのも分かりやすい仕様ですね。

 

もちろん特定の地域を検索することも可能ですので、離れた実家の近くの仏壇屋などを知りたいときも便利です。

 

地図も表示されますので、実際に行くときにも役立ちます。

 

サイトで価格などを確認し、興味のある仏壇を実際に見て選べるので、高価な仏壇を選ぶ際にも安心できますね。

 

クーポンも発行されてお得に購入できる

 

近くの仏壇屋さん

 

このサイトのお得なところは、クーポンが発券されるということです。

 

最大30万円のクーポンという破格の値段ですので、活用しない手はありません。

 

来店の際には、事前にクーポンの発行が必要ですので、準備して行くようにしましょう。

 

また、最大30万円のクーポンの他にも、お店ごとに購入者全員へのサービスが用意されているところも多いですので、よく確認して受け取るチャンスを逃さないようにしたいですね。

 

セールの情報も紹介されている

 

近くの仏壇屋さん

 

また、クーポン以外にもお得に購入できるチャンスがあります。

 

このサイトにはセールを行っている仏壇屋の情報も記載されています。

 

来店不要の上に、セール価格で購入できる仏壇も多くありますので、まずはこのサイトで検索して見られるといいですね。

 

また、地域の最安値から検索することも可能ですので、ニーズにあった価格帯の仏壇を選ぶことができます。

 

口コミや評判も確認できて安心

 

近くの仏壇屋さん

 

このサイトには、購入した仏壇屋の評判や口コミを入力する欄があります。

 

エリアごとに仏壇屋を検索でき、そのお店の評判や口コミを確認することができるのです。

 

実際に購入したり、来店したりされた客からの口コミは、ご自身の購入の際も大変に参考になると思います。

 

仏壇周りの備品も確認できる

 

近くの仏壇屋さん

 

サイトから確認できるのは仏壇本体だけではありません。

 

仏壇の周辺に必要となることの多い仏具関係の商品も各お店のサイトから確認できます。

 

最近の仏具は、現代の住宅事情を考慮した使いやすい商品が数多くありますので、仏壇購入と同時に用意されるといいですね。

 

仏壇購入の際に気をつける点とは?

 

近くの仏壇屋さん

 

それでは、実際に仏壇を購入する際に気をつけるべき点について確認しておきたいと思います。

 

また、宗派ごとの注意点などもご紹介していきます。

 

仏壇の適正な価格はどれくらい?

 

近くの仏壇屋さん

 

まず、仏壇の適正な価格とはどのぐらいなのでしょうか。

 

仏壇の価格は、低価格なものから高額なものまで幅広くあります。

 

また、サイズによっても大きく異なってきます。

 

価格帯として多いのは、モダン仏壇と言われる新しいタイプで30万円から70万円程度。

 

古来からある、伝統的な唐木の仏壇では40万円から100万円前後の仏壇が多く見られます。

 

もちろん、一つ一つの装飾や細工によっても大きく価格が異なってきます。

 

ご自身の目で、その価格にふさわしい仏壇かを見極めていくことが大切ですね。

 

宗派ごとに注意すべき点はある?

 

近くの仏壇屋さん

 

仏壇を購入する際に、宗派による違いはあるのでしょうか。

 

実際に、ほとんどの仏壇は他宗派を兼用できるつくりとなっています。

 

宗派による違いは、中のご本尊や飾りなどの内容や置き方に違いが出ることが多いようです。

 

ただ、浄土真宗に関しては金仏壇を選ばれる方が多いようです。

 

その際は、浄土真宗の中の各宗派によって仏壇自体の作りが異なってきます。

 

例えば、各宗派の門を模したような型になっていることがあります。

 

仏壇購入の際は、よく確認して購入する必要がありますので、注意してください。

 

宗派がない人はどれを選べばいい?

 

近くの仏壇屋さん

 

仏壇を置いて先祖や家族の供養をしたいけれど、特定の宗派がないという方もおられると思います。

 

例えば、先祖代々の宗教は仏教であるけれども、特定の宗派が分からず関わりもないという場合。

 

又は、宗教自体は信仰していないけれども、家族の遺品などを飾る仏壇が欲しいという場合などです。

 

現代の仏壇の多くは、さまざまな宗派に対応できるようになっています。

 

宗派によって異なるのは、御本尊や仏具の内容、配置などになります。

 

本来、仏壇の中央には御本尊がまつられるものです。

 

無宗教の方で仏壇をおきたい方、無宗派の方の場合は、故人の写真や思い出せる品などを置くこともあるようです。

 

また、関わりのある宗派の方に相談して本尊を置かれる場合もあるようですが、御本尊は信仰の対象ともなるものですので、その宗旨などを慎重に考えて選ばれることが大切です。

 

必ずしも仏壇が必要ということでもありませんので、写真などを飾られて故人を偲ばれることも多いようです。

 

大切なことは、親しい故人を偲ぶ気持ちです。

 

ご自身の気持ちにあった形で対話ができるよう考えていけば良いと思います。

 

複数の仏壇を置いても良い?

 

近くの仏壇屋さん

 

もし、家に既に仏壇があるけれども、さまざまな事情で2つの仏壇を置くこともあるかもしれません。

 

その際、同じ宗派であれば1つの仏壇におまとめするということも可能な場合が多いです。

 

魂入れ、魂抜きなどの儀式を必要とする宗派もありますので、信仰する宗派に確認されるといいと思います。

 

また、異なる宗派の仏壇を置くことに関して悩まれることもあると思います。

 

近年は、宗教は各家というよりも、各個人によって異なる場合も多くあります。

 

亡くなった故人の信仰されていた宗教があるのであれば、そちらを尊重するという考えも重要です。

 

しかし、さまざまな事情で1つの仏壇にしたいという場合もあると思います。

 

その際は残されたご家族が両宗派のことを少しでも理解した上で、1つの宗派に統一されるのか2つの宗派を維持するのかを話し合われると良いでしょう

 

もし、2つの仏壇を維持するという場合は、少なくとも部屋を分けるという考えをとる宗派もあります。

 

また、1つの仏壇に2つの御本尊を合祀する場合もあると思いますが、本来信仰の対象である以上好ましい状況とはされないことも多いようです。

 

最終的にはその仏壇に向かって手をあわせられる方の納得される形が良いと思います。

 

仏壇購入を考えられる機会に、宗派のこともよく考えるきっかけとされると良いかもしれませんね。

 

仏壇をおく方角なども良く確認して、サイズを決めることが大切

 

近くの仏壇屋さん

 

実際に仏壇を購入した際に、配置する位置についても決まっている宗派もあるようです。

 

仏教では多くの宗派で、東向きや南向きに置かれることが多いようです。

 

東向きに配置することを勧めるのは、浄土真宗・浄土宗・天台宗の3つの宗派になります。

 

これは、東面西座説という考え方で、西方にあるという極楽浄土の方角を向いて祈るために、仏壇は東向きに配置するという考え方です。

 

また、南向きに配置することを勧めるのは、曹洞宗・臨済宗の2つの宗派です。

 

これは、南面北座説といわれる考え方で、釈迦が説法をするときに南向きに座っていたという言い伝えのためです。

 

曹洞宗では条件があえば南向きにおくように推奨されています。

 

そのほか、日蓮宗にかんしては方角に関しての推奨はされていないようです。

 

自由な方向においても問題ないと言われています。

 

方角に関しては、インドの立身出世の象徴とされているからという考えから来ているために東向き、中国で高貴な人が南を向くという考えから南向きという考えもあるようです。

 

上座とされる床の間や、お尻を向けてしまうので神棚がある場合は向かい合わせにしないなど、さまざまな考え方があります。

 

ただ、現代の住宅事情では方角まであわせることができない場合もあるかと思います。

 

故人やご本尊を大切に思う気持ちを大切にし、宗派がある場合はそこの方に相談しながらきめられると良いかと思います。

 

置く位置を決めたら、サイズをはかって仏壇屋に向かいましょう。

 

仏壇を廃棄する際に気をつける点は?

 

近くの仏壇屋さん

 

さまざまな事情で仏壇を廃棄する場合もあるかと思います。

 

注意点としては、宗派によっては魂抜きと呼ばれる儀式や、閉眼法要と呼ばれる儀式が必要としているところもあります。

 

また、ご本尊が大切で、仏壇自体は自治体の規則にのっとって処分してもよいとするところもありますので、確認が必要です。

 

仏壇屋によっては、仏壇の処分引き取りサービスをしているところもありますので、確認されても良いかと思います。

 

価格としては、自治体の粗大ゴミとして出すというのがもっとも安い処分の方法となります。

 

一般のゴミとしてだすと引き取ってもらえませんので、注意するようにしましょう。

 

仏壇にまつわるその他の疑問

 

仏壇にまつわるその他の疑問についても整理していきたいと思います。

 

仏壇の置き方で注意すべき点は?

 

近くの仏壇屋さん

 

仏壇の置き方で注意すべき点は、どのようなものなのでしょうか?

 

方角については既に確認しましたが、それ以外にも気をつける点があります。

 

直射日光が当たりすぎる方角は、ご本尊によっては避けた方が良い場合もあります。

 

また、仏壇の材質にもよりますが、湿気の少ないところが好ましく、冷暖房の風が直接当たりすぎるのも仏壇をいためる原因ともなり得ます。

 

小さな仏壇は、オーディオなど音がするものの上に置くと、振動で位置がずれてしまう場合もあります。

 

あわせて、仏壇の高さについても注意が必要です。

 

椅子や正座などで座って祈る際に、できれば目の位置よりも上に御本尊がくることが理想です。

 

立って祈る場合でも、御本尊が胸よりも少し上にくるように配置すると良いでしょう。

 

また、仏壇は開くものですので、サイズに関しては扉をひらいた時に、壁や物にぶつからないサイズを選ぶようにしましょう。

 

魂入れ(法要など)は必要?

 

近くの仏壇屋さん

 

魂入れなどと呼ばれる儀式や、開眼法要と呼ばれるような儀式は必要なのでしょうか?

 

お性根入れとも呼ばれるこの儀式は、宗派によって大きく考え方が異なります。

 

住職などをお呼びする場合は、交通費やお茶代、お布施などを支払うことが多いようで、相場は1万円から5万円程度だそうです。

 

御本尊の安置などを丁寧に行うことを大切にする宗派もあり、特別な法要を必要としない場合もあります。

 

各宗派に確認して、納得のいく形で安置されることが大切です。

 

仏壇の移動や引っ越しの方法とは?

 

近くの仏壇屋さん

 

仏壇の移動や、家を変わる際の引っ越しの方法はどのようにすべきでしょうか

 

儀式の必要性を確認した上で、いざ移動の際に必要な注意点は横にして運ばないという点です。

 

そのようなこともあり、通常の引っ越し費用よりも追加で1万円から2万円程を支払うことが相場となっているようです。

 

引っ越し業者の方などに相談されるとよいですし、金仏壇など手で持っても良い場所がきまっているような仏壇は、購入した仏壇屋に相談するのも一つの方法です。

 

部屋の移動などで、ご自身で運ばれる際もできるだけまっすぐに運ぶように気をつけましょう。

 

中の御本尊や位牌などは必ず一度、仏壇から下ろし、そのまま運ばないようにすることも大切です。

 

大切な宗教や人の思いを込めた、大切な仏壇ですので、納得のいく仏壇選びやお祀りのかたちをとれると良いですね。